コンテンツへスキップ

クリーン水素のスケールアップは実現可能であり、温室効果ガス (GHG) 排出量を大幅に削減できます

  • 再生可能で低炭素の水素を使用すると、GHG 排出量を大幅に削減できます。従来の化石代替物と比較して。太陽光発電や風力発電を利用した水電解により、総水需要は非常に少ない。
  • さまざまなエネルギー源と水素生産経路を組み合わせることで、再生可能で低炭素の水素供給を大規模に実現可能にし、2050 年までの水素コストのさらなる削減をサポートします。

ブリュッセル、2021 年 1 月 19 日 – 新しい 報告 Hydrogen Council が本日発表した水素の脱炭素化経路に関する研究は、大規模な低炭素水素供給が経済的および環境的に実現可能であり、生産のための適切な局所的アプローチとベストプラクティスが使用された場合、大きな社会的利益をもたらすことを示しています。この報告書はまた、ライフサイクルの温室効果ガス (GHG) 排出量を削減するための水素製造経路は 1 つではなく、地域の資源を活用し、さまざまな製造経路の組み合わせを含む事実に基づくアプローチが必要であることも示しています。これにより、排出量とコストの両方の削減が達成され、最終的にはエネルギー システムの脱炭素化と地球温暖化の抑制に役立ちます。

2020 年には、15 を超える国が主要な水素計画と政策を開始し、業界関係者は 2030 年までに 35GW 以上の新しいプロジェクトを発表しました。この水素の勢いが加速するにつれて、意思決定者は脱炭素化に焦点を当てて、水素が確実に水素を利用できるようにする必要があることがますます明らかになっています。グローバルなクリーン エネルギーへの移行における重要なソリューションとしての可能性を実現し、ネット ゼロ エミッションに大きく貢献します。この取り組みをサポートするために、2 部構成の Hydrogen Council レポートでは、さまざまな水素供給経路を通じて生成される GHG 排出量と、さまざまな水素用途のライフサイクル GHG 排出量の評価に基づいた新しいデータを提供しています (レポートを参照)。 パート 1 – ライフサイクル アセスメント)。さらに、このレポートでは、再生可能水素と低炭素水素を大規模に展開することの実現可能性と影響を測定するために、3 つの仮想的な水素供給シナリオを調査しています (レポート パート2 - 潜在的な供給シナリオ).

このレポートでは、水素を生成する方法は数多くあり、GHG 排出量は大きく異なるものの、CO 排出量が非常に多いと概説しています。2 節約は、さまざまな水素製造経路と最終用途の広い範囲で達成できます。たとえば、再生可能エネルギーによる水の電気分解によって製造された「グリーン」水素は排出量が最も少なく、一方、CO の多い天然ガスから製造された「ブルー」水素は排出量が最も少なくなります。2 最高の技術が使用され、ベストプラクティスが守られれば、捕獲率と貯蔵も低排出を達成することができます。報告書で調査された 8 つの具体的な経路を分析すると、水素を使用すると、従来の化石代替物と比較して、60-90% またはそれ以上の大幅な GHG 排出削減が可能であることが示されています。この研究では、水素供給経路の総水需要も調査しました。水の電気分解は、火力発電所の冷却 (数百 kg/kg) やバイオマス栽培 (数百から数千 kg/kg) と比較して、水素 1 kg あたり 9 kg という非常に低い特定の水需要を持っています。.

さらに、大規模な低炭素水素供給は完全に達成可能です。脱炭素化された水素供給の実現可能性と影響を評価するために、2 つの仮想境界シナリオ (「グリーンのみ」と「ブルーのみ」のシナリオ) を調査した結果、報告書は両方のシナリオが実現可能であることを発見しました。これらは世界の再生可能エネルギーの可能性によって制限されません。または炭素隔離(CCS)容量であり、業界が拡大できる速度を超えていません。水素協議会では 「スケールアップ」研究、2050 年の 21,800 TWh の水素需要が確認されています。これを達成するには、電解槽と CCS に 30-35% の複合年間成長率が必要です。この導入率は、過去 10 年間の洋上風力および太陽光発電産業の成長と一致しています。

2020 年 1 月に発表された Hydrogen Council のデータは、再生可能水素と低炭素水素のコストの低下によって、2030 年までに幅広い水素用途が競争力を持つようになる可能性があることを示しました。[1].新しい研究は、「グリーン」と「ブルー」の生産経路を組み合わせることで、いずれかの境界シナリオと比較して水素コストの削減につながることを示しています。水素は中長期的に多くの地域で最も費用対効果の高い選択肢であり、これらを組み合わせたアプローチにより、いずれかの境界シナリオと比較して、現在から 2050 年までの平均水素コストが低下します。

「水素が産業の脱炭素化とエネルギー転換に貢献するための世界的な解決策であるとすれば、チェーンに沿って排出量を削減し、各地域の特性を考慮に入れることによってのみ、その可能性を最大限に引き出すことができます。」 言った ブノワ・ポティエ、エア・リキードの会長兼CEO、水素評議会の共同議長。 「それには、有利な規制によって促進されるいくつかの再生可能および低炭素経路の組み合わせと、低炭素水素技術のさらなる産業開発が必要になります。低炭素水素生産インフラの開発は野心的ですが、すでに動き始めており、クリーンエネルギーシステムにおける水素の役割を拡大するための前提条件となっています。」

「水素はエネルギー移行の重要な部分であり、非常に高い CO2 削減を達成できます。 正しいアプローチで。水素を経済的に実行可能にすることは重要ですが、脱炭素化の影響を最大化し、必要なリソースを最小限に抑えることも重要です。すべての兆候は、水素が 2030 年までに多くの用途でコスト競争力のある脱炭素化ソリューションになることを示しています。今必要なのは、水素がその潜在能力を最大限に発揮できるようにするための大胆な行動だけです。」 内山田 毅、トヨタ自動車株式会社の取締役会長および水素協議会の共同議長を追加しました。

「Hydrogen Council は、事実に基づいた研究を、世界的なエネルギー移行と、排出量を削減し、脱炭素化の目標を達成するのに役立つクリーン テクノロジー ソリューションに関する進行中の議論にもたらすことに取り組んでいます。 現在、水素の前例のない勢いで、意思決定者が世界的な水素展開の段階的な変化を計画するのに役立つデータを備えていることが重要ですか? 言った ダリル・ウィルソン、水素協議会の事務局長。

-終了-

レポートについて:

このレポートは、Ludwig-Bölkow-Systemtechnik (LBST) および McKinsey & Company の分析支援を受けて Hydrogen Council によって作成されました。ライフサイクル評価は、水素、燃料電池、LCA に関する LBST の専門知識と組み合わせた Hydrogen Council による以前の作業に基づいて構築されています。温室効果ガス排出量と総水需要量は、設備投資関連の排出量と寿命の側面を含め、水素の供給から使用までのライフサイクル全体にわたって評価されています。供給シナリオは、Scaling Up レポート (2018 年)、Path to Competitiveness レポート (2020 年)、進行中の Hydrogen Insights 調査 (2021 年) など、Hydrogen Council と McKinsey によって開発された以前の作業に基づいています。 完全なレポートを見る ここ.

水素協議会について:

Hydrogen Council は、CEO 主導のグローバルなイニシアチブであり、クリーン エネルギーへの移行を促進するために、水素に関する統一されたビジョンと長期的な野心を持つ大手企業を集めています。政府、業界、投資家の間の協力を促進するためにその世界的な広がりを利用して、世界中の水素ソリューションの展開を加速するためのガイダンスを提供します。評議会は、世界中のエネルギー源の多様化、長期的な経済成長の原動力としてのビジネスおよび技術革新の促進、および削減が困難なセクターの脱炭素化を支援することにより、水素が世界のエネルギー移行において果たすべき重要な役割を果たしていると考えています。評議会は、大規模な多国籍企業、革新的な中小企業、投資家を含む、20 か国以上に拠点を置く水素バリュー チェーン全体にわたる 109 社の多様な企業グループをまとめて、ビジネス マーケットプレイスとして機能します。 Hydrogen Council は、主要な地域での規制擁護の機会を特定しながら、安全基準のリソースおよび投資コミュニティの対話者としての役割を果たします。詳細については、こちらをご覧ください www.hydrogencouncil.com Twitterでフォローしてください @水素評議会リンクトイン.

水素協議会プレスオフィス (FTIコンサルティング):

シエル・ジョリー、+32 2 289 09 30 – Ciel.Jolley@fticonsulting.com

Evelyne Bauer、+32 477 56 26 15 – Evelyne.Bauer@fticonsulting.com 


[1] 水素協議会「水素競争力への道: コストの展望」、2020 年 1 月


関連ニュース

jaJapanese