コンテンツへスキップ

関して
評議会

Hydrogen Council(水素協議会)は、共通のビジョンの下に企業間の連携を図る、CEO主導のグローバルイニシアチブです。

Hydrogen Council Founders Group-[90] 1

設立の経緯

世界初の取り組み

水素協議会は、2017 年 1 月にダボスで開催された世界経済フォーラムで発足した際、この種の取り組みとしては世界初のものでしたが、現在でもその姿勢は変わりません。当初はエネルギー、輸送、製造分野のリーダー 13 名で構成されていましたが、わずか 5 年余りで、協議会には水素バリュー チェーン全体を代表する多国籍企業 140 社が参加するようになりました。 

は何ですか
水素協議会?

Hydrogen Council は、クリーン エネルギーへの移行を加速するために、水素に対する統一したビジョンと野心を持つ大手企業を結集する、CEO 主導の世界的なイニシアチブです。同評議会は、行動連合を通じて水素の持続可能性の可能性を解き放ち、持続可能な経済成長を促進し、質の高い雇用を創出し、社会的価値を提供することに取り組んでいます。

同評議会は、産業界、政府、投資家、市民社会間の協力を促進する世界的な広がりを利用して、世界中の水素エコシステムの展開を加速するための洞察と道筋を提供しています。また、国際的な安全性と持続可能性の基準の開発もサポートし、信頼性の高い水素ソリューションを大規模に展開する道を切り開きます。

水素評議会は、北米からアジア太平洋、ヨーロッパ、アフリカ、MENA 地域に至るまで、水素バリューチェーン全体にわたって、大手多国籍企業、革新的な中小企業、投資家を含む 140 社の多様な企業グループを結集しています。

私たちの目標

クリーンエネルギーへの移行を促進するために協力します。

可視性の向上

エネルギーシステムの脱炭素化を実現する重要なツールである水素について可視性と認識を高めます。

コラボレーションの推進

脱炭素化、エネルギー安全保障、レジリエンス、持続可能性など、現代の差し迫った問題に水素ソリューションがもたらす幅広い可能性を実現できるよう、進歩を妨げている障壁を特定し、取り除きます。

コラボレーションを促進する

共通の気候変動目標を達成するために、政策立案者や実業界、国際機関、市民社会などの主要なステークホルダーと協力し、提言を行います。

私たちの活動

必要な時に必要な人材を結びつけます。

1

エネルギー移行における水素の本質的な役割、その目標を世界規模で実現するための計画、大規模な展開において克服すべき課題について、高レベルのビジョンを提供します。

2

水素に関する各種の研究を調整し、資金提供を行うことで、水素産業のさらなる発展を支える具体的なデータや事実を提供し、世界の主要なステークホルダーの判断基準としての役割を果たします。

3

ヨーロッパ、アジア、オセアニア、南北アメリカの主要な地域パートナーと協力し、その活動を補完することで、地球規模での確固とした行動を生み出します。

4

低炭素経済への移行はパラダイムシフトに他ならず、大規模な投資を必要とすることを理解した上で、世界の投資業界と連携します。

水素協議会チーム

経験豊富で献身的なチームが協議会の活動を支えています。

イヴァナ・イェメルコワ

最高経営責任者

スティーブン・リブレヒト

オペレーション&プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)ディレクター

ダリア・ノチェヴニク

ポリシー&パートナーシップ担当ディレクター

アンドレイ・V・チューベレフ

安全・規制担当ディレクター

ジョアンナ・ダメレル

コミュニケーションマネージャー

マグダレナ・デ・クレム

メンバーシップマネージャー

Nicolas Dircxsens

プロジェクトマネージャ

キャロリン・ジャウォースカ

イベントマネージャー

ジュリー・モンリュック

プロジェクトマネージャ

オズレム・ドゥヤン

プロジェクトマネージャ

メンバー登録

協議会への参画にご関心のある企業様へ。登録方法をご案内します。

ご意見・ご質問を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

jaJapanese