コンテンツへスキップ

認知度を高め、進歩を促進し、協力を促進するという共通のグローバルな目標に沿って、4 人の新しいメンバーが Hydrogen Council に参加します

Hydrogen Council は本日、世界のエネルギー転換における水素の役割を推進するためのグローバル CEO 主導のイニシアチブに新たに 4 社の主要企業が参加したことを発表しました。

当初、エネルギー、輸送、製造部門の 13 人の国際的なビジネス リーダーで構成されていた Hydrogen Council は、わずか 5 年で、水素のバリュー チェーン全体を代表する 150 近くの多国籍企業を含むようになりました。

水素協議会に日本が運営メンバーとして参加 旭化成株式会社、日本エンジニアリング株式会社 株式会社IHI カナダのエネルギーインフラ会社 TCエナジー.賛助会員として入会 ロッテルダムに本部を置く アドバリオ、ストレージ業界のグローバルプレーヤー。

これら 4 つの新しいメンバーは、Hydrogen Council の 3 つの主な目的に沿っています。

  1. 水素がエネルギーシステムと脱炭素化にとって重要なツールであることの可視性と認識を高める
  2. エネルギー安全保障、回復力、持続可能性など、私たちが直面している差し迫った問題に水素ソリューションがもたらす大きな可能性を実現する上で、障害を特定し、解決すること
  3. 政策立案者、ビジネス界、国際機関、市民社会などの主要な利害関係者と協力して提言を行い、協力を促進し、共通の気候目標を達成する

川崎重工業株式会社 会長兼水素協議会共同議長の金花義則氏は、次のように述べています。 「これら 4 社を Hydrogen Council に迎えられることを嬉しく思います。カウンシルは今年、幅広い地域とセクターから合計 22 名の新しいメンバーを迎え、力強い成長を遂げました。これは、水素への関心の高まりを浮き彫りにし、よりクリーンで持続可能な社会を実現するために水素が重要な役割を果たしていることを示しています。」

Cummins Inc. の会長兼取締役会会長であり、Hydrogen Council の共同議長である Tom Linebarger は、次のように述べています。, 「本日、Hydrogen Council に新しいメンバーを迎えることができて興奮しています。さまざまな業界や地域で協議会のメンバーが増え続けていることは、脱炭素経済への移行において水素が果たす重要な役割を反映しています。」

工藤幸四郎, 旭化成株式会社 社長、「脱炭素社会の実現には、大規模な水素利用の推進が不可欠です。 Hydrogen Councilイニシアチブに参加することで、パートナーとともに水素バリューチェーンの構築に貢献し、脱炭素化の目標を達成できると確信しています。」

井出浩志, 株式会社IHI 社長、「IHIは、燃料アンモニア関連技術を含む高度な技術を使用して、世界中の脱炭素化をサポートしています。その一環として、IHIはアンモニアと水素のバリューチェーンの構築に注力しています。

「私たちは、Hydrogen Council のイニシアチブを通じて、電力生産、輸送、およびその他の重要な産業用途の急速な脱炭素化のための安全で手頃な価格の効果的なツールとして、水素とアンモニアの広範な使用を一緒に促進できると考えています。」

フランソワ・ポワリエ, TCエナジー社長兼CEO、コメント、「北米の業界は脱炭素化で大きな進歩を遂げる必要があり、当社の顧客は特に水素ソリューションを求めています。 TC エナジーは、既存の資産基盤により競争力のあるフットプリントを持っており、この需要を満たすためにクリーンな水素を製造、移動、および貯蔵できる体制を整えています。水素経済の進化を加速するために、水素評議会で仲間と協力することを楽しみにしています。」

Advario の CEO である Bas Verkooijen 氏は、次のように述べています。 「私たちのメンバーシップは、水素バリューチェーンと全体的な水素エコシステムの開発においてフロントランナーの役割を果たし、輸出入構造とロジスティクスソリューションにおける専門知識と能力を活用するというアドバリオの戦略的願望を反映しています。

「私たちは、パートナーシップが真の進歩を推進するという信念に深く根ざしており、より環境に優しく、より持続可能な未来を実現するために、Hydrogen Council の他のメンバーと協力してエネルギー移行を加速できると信じています。」


水素協議会について
Hydrogen Council は、CEO 主導のグローバルなイニシアチブであり、クリーン エネルギーへの移行を促進するために、水素に関する統一されたビジョンと長期的な野心を持つ大手企業を集めています。評議会は、世界中のエネルギー源を多様化し、長期的な経済成長の原動力としてビジネスと技術の革新を促進し、削減が困難なセクターを脱炭素化することにより、水素が世界的な脱炭素化の目標を達成する上で重要な役割を果たしていると考えています。

政府、業界、投資家の間の協力を促進するためにその世界的な広がりを利用して、評議会は世界中の水素ソリューションの展開を加速するためのガイダンスを提供します。また、ビジネス市場としても機能し、大規模な多国籍企業、革新的な中小企業、投資家など、水素バリュー チェーン全体で 20 か国以上に拠点を置く 140 以上の企業の多様なグループを集めています。

Hydrogen Council は、主要な地域での規制擁護の機会を特定しながら、安全基準のリソースおよび投資コミュニティの対話者としても機能します。

詳細については、こちらをご覧くださいwww.hydrogencouncil.comTwitterでフォローしてください@HydrogenCouncilリンクトイン


水素協議会の新メンバーの背景

運営メンバー

旭化成株式会社 マテリアル、ホーム、ヘルスケアの3つの事業領域を通じて世界の課題にソリューションを提供し、持続可能な社会に貢献します。旭化成は、長年のクロールアルカリ電解分野で培った水素製造のワンストップソリューションをベースに、水素社会の実現に取り組んでいます。

株式会社IHI 資源、エネルギー、環境の4つの主要分野で顧客に価値を創造する総合重工業メーカーです。社会インフラおよび海洋施設;産業用システムおよび汎用機械;および航空エンジン、宇宙および防衛。

IHIは、エネルギー、都市化・産業化、輸送の効率化など、世界的に拡大するニーズに応えるために、多様なエンジニアリング力を結集し、技術で社会に貢献することに真摯に取り組んでいます。

TCエナジー は、北米が依存しているエネルギーの移動、生成、保存に取り組んでいる 7,000 人以上のエネルギー問題解決者のチームです。今日、TC エナジーは、そのエネルギーをより持続可能で安全なものにするために行動を起こしています。カナダの会社は、事業からの排出量を削減するために革新と近代化を進めています。また、天然ガスや再生可能エネルギーから炭素回収や水素に至るまで、新しいエネルギー ソリューションを提供し、他の企業や産業の脱炭素化も支援しています。

賛助会員

アドバリオ は、独立したエネルギー貯蔵、ロジスティクス、(極低温) 液体およびガス用の海洋インフラストラクチャを提供する大手の非公開の中流企業です。アドバリオの戦略は、世界中の重要なエネルギーハブと港に資産を有し、世界の脱炭素化とエネルギー移行において最前線の役割を果たすことを目的としています。


メディアのお問い合わせ
質問やインタビューについては、以下にお問い合わせください。
Joanna Sampson、コミュニケーション マネージャー、Hydrogen Council
joanna.sampson@hydrogencouncil.com

関連ニュース

jaJapanese