私たちの目標: 2030 年までに輸送中の 100% 脱炭素水素燃料

グローバル気候行動サミット、サンフランシスコ、米国

2018 年 9 月 14 日に開催された GCAS の閉会プレナリーで、水素協議会の共同議長であるエア リキードの CEO 兼会長であるブノワ ポティエとヒュンダイの副会長である Woong-Chul Yang 博士は、ステージ上でコミットメントを発表しました。

「エネルギー、輸送、産業分野の 50 人以上のリーダーを集めた世界的な CEO 連合である Hydrogen Council は、 野心的な それを保証するという目標 100%の水素燃料 2030 年までに、さまざまな交通手段で使用される輸送手段が脱炭素化されます。したがって、私たちは各国政府に対し、この取り組みを実現するために必要な規制の枠組みを作成するグローバルな同盟を構築するよう求めています。輸送は私たちの最初のターゲットかもしれませんが、適切なレベルのサポートがあれば、多くのセクターでプラスの効果が見られます。私たちは信じています水素は、クリーン エネルギーへの移行において重要な役割を果たすことができます。政府と協力して支援する用意がある 脱炭素水素のスケールアップを可能にする適切な技術的、財政的、法的な環境を作り出すことです。」

GCASのプレスリリース全文はこちら

グローバル気候行動サミット、サンフランシスコ、米国

2018 年 9 月 14 日に開催された GCAS の閉会プレナリーで、水素協議会の共同議長であるエア リキードの CEO 兼会長であるブノワ ポティエとヒュンダイの副会長である Woong-Chul Yang 博士は、ステージ上でコミットメントを発表しました。

「エネルギー、輸送、産業分野の 50 人以上のリーダーを集めた世界的な CEO 連合である Hydrogen Council は、 野心的な それを保証するという目標 100%の水素燃料 2030 年までに、さまざまな交通手段で使用される輸送手段が脱炭素化されます。したがって、私たちは各国政府に対し、この取り組みを実現するために必要な規制の枠組みを作成するグローバルな同盟を構築するよう求めています。輸送は私たちの最初のターゲットかもしれませんが、適切なレベルのサポートがあれば、多くのセクターでプラスの効果が見られます。私たちは信じています水素は、クリーン エネルギーへの移行において重要な役割を果たすことができます。政府と協力して支援する用意がある 脱炭素水素のスケールアップを可能にする適切な技術的、財政的、法的な環境を作り出すことです。」

GCASのプレスリリース全文はこちら

45:34 ~ 48:20 の他のハイレバー スピーカーと一緒に、Hydrogen Council の発表をご覧ください。


Global Climate Action Summit