Air Productsとの60秒インタビュー

Air Productsの社長兼CEOであるSeifi Ghasemi氏に60秒インタビューを行いました

 

貴社はなぜ水素協議会に参加しているのですか? このイニシアチブがなぜ重要だとお考えですか?

Air Productsは、水素テクノロジーのさらなる発展に向けて取り組んでいる多国籍企業で構成される、非常に優れたフォーラムの一員であることを誇りに感じています。当社は、よりクリーンな輸送燃料の生産を目指し水素を精製所に供給する屈指のサプライヤーとしての経験、および20余りの諸国で250超の燃料プロジェクトを展開する水素燃料のパイオニアとしての経験の両方を提供します。私たちは25年前に当社初の水素燃料ステーションを配備し、水素供給および分配テクノロジーに関する50余りの特許ポートフォリオを築いてきました。各会社、政府および投資家を集めることにより水素協議会は、水素テクノロジーの開発について、継続的に一般市民の意識を啓発し、サポートすることに取り組んでいます。こうした努力はすべての人に恩恵があります。 

貴社が運営している水素プロジェクトの中で最も誇れるのはどのプロジェクトですか?

私は、Air Productsが水素を精製所に供給する世界屈指のサプライヤーとして、また水素燃料のパイオニアとして成し遂げてきた業績とコミットメントの全体に誇りを感じています。当社の応用実績には、材料処理、無人航空機、無人潜水艇、列車、携帯電話の基地局、バス、クラス7/8型トラック、潜水艦およびフェリーなどがあります。また、当社は欧州、中国、日本および米国の小売用燃料充填所のためにステーション技術を開発し提供してきました。当社は、最初の2系統燃料の小売用燃料充填所など、多くの応用事例を開拓しました。Air Productsには、自らのNASAのスペースシャトルの経験を生かして、複合材料高圧輸送トレーラー、二相液体水素トレーラー、極低温二相圧縮、小型オンサイト水蒸気メタン改質、溶融炭酸塩型燃料電池発電所からのトリジェネレーションを含め、この市場において、一連の先進技術を紹介する責任があります。私たちには、OEMと手を携えて、燃料供給プロトコルや現在広範に使用されている規格を開発し、700万件を超える安全な水素充填を行った実績があります。 

現時点で水素テクノロジーが直面する最大の課題にはどのようなものがあると思われますか? 貴社はこうした課題にどのように対応する予定ですか?

多様な最終市場で水素エネルギー経済を構築するにあたり、インフラストラクチャーは引き続き課題になるでしょう。特に実証プログラムが成功した当事者に焦点を当てた場合、良好な進展状況があることが分かりました。Air Productsの側では、固有の給油所設備ソリューション、および従来型サプライチェーンでは不十分な、インフラストラクチャーへの燃料供給に特化した流通資産を通じて、サプライチェーンの最適化に取り組んでいます。これらには、高圧チューブトレーラー、二相液体水素トレーラーおよび新型液体・気体圧縮装置が含まれます。信頼性のある効率的な分配システムにするためには、専有のソフトウェアによるサプライチェーン全体の統合が非常に重要です。水素経済においては、理想的には、天然ガスのようなパイプライン型の水素供給インフラストラクチャーが車両用燃料充填ステーションにとって低コストで好ましい手段となります。しかし、どのように、そしてどのような割合で市場の移行を実現するのですか? 将来的には、多様な水素生産工場の拠点と供給原材によってこの需要は満たされるでしょう。再生可能水素を含む、新たな製品供給源は必ず、確保する必要があります。私たちは、試合の終盤は見えていますが、にその終盤に向けて賢明に移行する必要があります。当社は、カリフォルニアのパイプライン型水素燃料充填ステーションで、可能性を実証してきました。当社には、米国のメキシコ湾岸における自社の600マイルの水素パイプライン網に多数の需給ポイントがあり、パイプラインの豊富な実績があります。 

一般市民向けに水素に関するメッセージをひとつ伝えるとしたら、どのようなものになりますか?

多くの意味において、水素はパーフェクトな燃料です。豊富に存在し、最も効率的であり、燃料電池で使われる場合は何も排出物を産出しません。また、水素は、多数の供給原材から生産される持続可能な長期的エネルギー源で、地域のエネルギー自立を促します。Air Productsは、地球の環境に優しいこの燃料の商用化の支援に向けて努力し、未来のプロジェクトとチャンスに希望を託しています。 

この投稿を共有

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin