水素とデジタルテクノロジーの融合

グローバルデジタル革命により新エネルギー需要を創出

デジタルテクノロジーはあらゆるセクターを変革しています。デジタルテクノロジーは、私たちの働き方、生き方、人生の楽しみ方、そして商品とサービスの構築方法、配送方法、消費方法を変革しています。自動運転、仮想現実、人工知能などの一部の技術は、私たちの経済の多くの部分に破壊的で横断的な影響をもたらすでしょう。

デジタル化により、自動車などの資産の共有や日常生活からIoT(モノのインターネット)に至るまでのエネルギー効率の改善などにより、エネルギー効率が上がる一方で、莫大なエネルギー需要も創出されます。情報電気通信テクノロジー(ICT)セクターは、米国の電気消費量の50%超をすでに消費しています。情報電気通信テクノロジー(ICT)のエネルギー需要は、今後数年のうちにさらに高まり、2050年までには2倍になると予測されています。予測ではすでに情報電気通信テクノロジー(ICT)によるエネルギー需要の持続的改善も考慮されています。

地球温暖化を+2℃に抑えるために、世界は劇的に変化する必要があります。二酸化炭素排出量の削減と大気の質の改善という明確な緊急課題があるので、これらの新たなエネルギー需要はクリーンで再生可能な資源から生み出さなければなりません。このことは、太陽エネルギーと風力エネルギーを獲得し、それを最終用途に切り替えて、必要に応じてエネルギーを放出できるエネルギー担体の必要性を示唆しています

水素がどのように貢献できるか

2つの主要テクノロジー(バッテリーと水素)が再生可能エネルギーに必要な貯蔵を賄うという目的に貢献できる可能性があります。競合すると描写されることの多い両者ですが、実際には多様な用途で補足的な関係にあります。

高エネルギー密度の車載水素タンク(充電式電池と比較して約10倍のエネルギー密度)の出現により、水素燃料電池システムで、大型で、重量のある、または「垂直」輸送モード(例:飛行)への理想的なエネルギー供給ができるようになります。航続距離の延長は、燃料充填速度の向上、待ち時間の短縮、利用率の向上、およびインフラストラクチャー要件の軽減と密接に関係しています。初期追加投資は高くつくかもしれませんが、大規模で行えば、水素インフラストラクチャーの費用が抑えられ、電力網に影響を与えることもありません。一方で、直接充電インフラストラクチャーは大幅なグリッドのアップグレードが必要となります。

この討議資料では、まず、エネルギー需要に対するデジタル化の影響を探ってから、情報電気通信テクノロジー(ICT)セクターとの間で、デジタル化と水素がエネルギー移行過程で互いに補完し影響し合う方法について対話の場を設けることを探っていきます。水素は、デジタル化の主流トレンドを実現するといった大きな利点があるため、効率的でゼロエミッションのエネルギーベクトルとなります。本討議資料では、有望な4つの具体的使用事例を紹介しています。

  • 自動運転化したタクシーとシャトル
  • デジタル対応の貨物チェーン
  • 垂直離着陸(VTOL)タクシー
  • データセンター

2030年には、水素によって   …へのエネルギー供給が可能になります。

詳細は、資料全文(英語版)を読み、ダウンロードしてください。

韓国語の報告書はこちらをクリックしてダウンロードしてください。

主な調査結果の概要については、スライドをダウンロードしてください。

この投稿を共有

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin